一戸建てに関する情報が満載!

新築一戸建て購入までのステップ

新築一戸建て購入までのステップ 新築一戸建ての購入は、いくつものステップがあって難しそうだと感じる人もいるかもしれませんが、チャートにしてみれば簡単です。
物件探し、申し込み、契約、住宅ローンの申し込み、引き渡し、引越しの6つに分けることができるでしょう。
1つめの物件探しは最も時間がかかるところですが、申し込みが終わるとあとは自然と進んでいきます。
逆に言えば、申し込みをしない限り、いつまで経っても新築一戸建て暮らしは始まりませんので、まずは物件探しから始めましょう。
新築一戸建ては、先着順になっていることが多いので、迷っている間にどんどん良い区画は売れていきます。
大きな買物ですから慎重になるのは良いことですが、あまりに迷い過ぎると、分譲された区画の中でも残り物しかない、という状態になってしまいますので注意しましょう。
申し込みをしたら次は契約締結ですが、その前に重要事項の説明があります。
入居までの重要な決まりごとについて説明されますので、聞き逃さないようにしてください。
疑問点があれば必ず解消してから契約書にサインしましょう。
契約が成立すると、初めて住宅ローンに申し込むことができます。
無事に融資が決まったら、決済日を決めていよいよ引き渡しです。

新築一戸建ての購入を検討したら

新築一戸建ての購入を検討したら 新築一戸建てを購入しようと考えているけれども何を考慮して物件を探したら良いのかわからないことが多いのではないでしょうか。
基本的にどういうことに気を付けると良いのでしょうか。
まず土地と建物のバランスを考えることが重要です。
土地の条件が良い場合でも建物に問題があれば毎日快適に過ごすことができません。
逆に建物が良くても土地の条件が不十分という場合もバランスが良いとは言えません。
土地の良さと建物の良さのバランスを事前によく考えるようにしてください。
どちらかの条件が通常よりも素晴らしい場合はもう1つの要素に問題があることがよくあるので注意してください。
次に設計図面を必ずもらうようにしてください。
実際に設計図面を渡さないケースがよくあるのですが、将来的に家のリフォームをしたい場合やメンテナンスをしたい場合は設計図面が必要となります。
このため、設計図面が無いと将来的に物件の価値が大きく減少してしまうこともありますので必ず設計図面を渡してくれるところで購入するようにしてください。
この他に注意する点は住みたい地域のハザードマップを事前に確認するということです。
今後住む地域の地形や地盤によって水害や地震による被害の大きさが変わってきます。
このため、市区町村で整備しているハザードマップを入手して新築一戸建てを購入する前に災害の発生度をチェックするようにしてください。

中古一戸建て関連サイト

文京区白山を中心に、豊島区や中央区など都心部の中古一戸建てを紹介しています。

文京区 中古一戸建て